日本オンラインカジノランキング 🏆【2024年】

私たちのStakersチームは専門家アドバイスをあげて、最高オンカジを見つけるため日本向けのサイトを比較します ✅高度なスロットとクラシックテーブルゲームから優しいカスタマーサポートと強い安全性までオンカジを全体的に調べます 🏆 私たちの詳しい比較は、技術的な知識とインダストリー体験に基づいて、日本のプレイヤーたちが自信を持って賢い選択ができるようになります。

icon [bonus_logo_title]

[title]

[subtitle]

[rating]/5
icon star icon star icon star icon star icon star
受け取る
icon [bonus_logo_title]

[title]

[subtitle]

[rating]
評価
[turnover]
賭け条件
最大獲得倍率
[days_valid]
有効期限
受け取る

Stakers☘️では、安心安全に楽しんで頂けるように、⭐️ 独自の審査基準を設けて、安全性、ゲームラインナップ、プロバイダー、ボーナス条件、VIPプログラム、決済手段、カスタマーサポートなどを、一つ一つ確認しております。その中でStakersがお勧めするオンラインカジノサイトを紹介いたします。

カテゴリー
カジノ

1

💰 初回入金で最大22万ドルに達するウェルカムボーナス

BC Game

2

👑 日本人の為に特別に作られたオンカジ

Futocasi

3

☀️ 賭け条件のなりボーナスあり

Betway Casino

4

💨 トーナメントが充実しているオンカジ

Conquer Casino

5

🎰 日本で人気のオリジナルスロットが楽しめる

Mr Bet

6

🎁 日替わりプロモで毎日稼げる

Yoju Casino

7

🏦 日本で人気ナンバーワンの安心のオンカジ

Jackpot City

8

💴 負けてもお金が戻るキャッシュバックボーナス

OhMySpins

9

📱 365日24時間日本語カスタマーサービス対応

Playamo

10

💓 5,000以上のゲームをプレイできるオンカジ

Energycasino

初回入金ボーナス、賞金やフリースピンなど、私たちの基準に従って最適なオプションを提案します 。✔️ 入金不要ボーナスをオファーするオンカジも増えてきました 。⚡️ 賞金の金額やフリースピンの回数だけでなく、引き出し条件や、ウェルカムパッケージの後のリロード、キャッシュバックなど全ての観点から好条件のボーナスをオファーするStakersお勧めのネットカジノを紹介します。

カテゴリー
カジノ

1

💰 初回入金で200%のウェルカムボーナス

22Bet Casino

2

🌟 入金不要フリースピンあり

BitStarz

3

💳 初回入金最大20万円+200FS

Yoju Casino

4

🎁 初回入金$500+250FS 賭け条件20倍

Snatchcasino7

5

☀️賭け条件が緩いライブカジノは5倍、スロットは20倍

Royal Vegas Casino

6

💵 好条件のキャッシュバック

20bet

7

🎊 スロットかライブカジノか選べるボーナス

LiliBet Casino

8

❄️最大25,000USDTのキャッシュバック

Supacasi Casino

9

🎉 入金額の50%キャッシュバック

National

10

👑 入金ボーナス最大15万円+200FS

Vulkan Vegas

オンラインカジノは90年代の中頃のインターネットの普及と共にヨーロッパで始まりました。最初はシンプルなゲームをパソコンでプレイするものでしたが、インターネット環境やソフトウェアーの進化に伴い、現在では抜群の演出力のビデオスロット、リアリティーのある各種ビデオカジノテーブルゲーム、臨場感抜群のライブカジノ、さらに生配信で試合の様子を観れるスポーツブックまであります。しかもそれら全てが場所を選ばずスマホでもプレイできる時代になりました。

一方日本の状況ですが、90年代には30兆円産業にまで成長したパチンコがあることから、ギャンブルが大人気の国と言えますが、娯楽の多様化により、パチンコの売上は年々下がり最近では半減しています。

そんな状況下で海外からオンラインカジノが日本市場に参入してきました。2018年の日本人ユーザーは約100万人だったのが、2021年には一気に120倍にユーザー数が増加しました。この要因としては、コロナ禍の巣篭もり需要がきっかけとなったと考えられますが、わざわざパチンコ店まで行かなくても、スマホで場所を選ばず気楽にプレイできるオンカジがギャンブル好きの日本人のハートに火を付けたということでしょう。

オンラインカジノは、新規ユーザー獲得の為にウェルカムボーナスを提供したり、その後も顧客維持のためにリロードボーナスやキャッシュバックなどさまざまな特典を与えてくれています。しかもスロット、ライブカジノ、スポーツなど楽しいゲームを多数プレイでき、運が良ければ大勝利に結びつくのは大きなメリットです。

その反面、様々な特典を利用するとオンカジノを始めるきっかけになりやすいんです。あくまでも余剰資金でプレイして、少しでも不安を感じた場合は、オンラインカジノサイトのカスタマーサポートに相談して、最大損失額、最大入金額の設定や、一定期間アカウントを閉じるなどの自己規制プログラムを利用することをお勧めします。

日本ではオンラインカジノに対して、ライセンスを発行することはできませんが、海外のカジノサイトは一般的にライセンスを取得して合法的に運営されています。ライセンスを発行できない日本国内でオンカジを運営することはできませんが、日本の賭博法はプレイヤーを取り締まるのではなく、運営者を取り締まる法律です。その多くの海外オンラインカジノが日本マーケットをターゲットにしています。

日本のプレイヤーは、迅速なペイアウトと幅広いゲームを提供する有名なオペレーターによる信頼性の高いカジノを好みます。ライセンスは、市場がそのようなネットカジノだけで飽和することを確実にするために作られました。例えば、このライセンスでは、公正な結果を提供するためにゲームにRNG(乱数発生器)を使用すること、安全性の高い支払い手段を指定すること、参加者の信用調査を義務付けること、依存防止対策を講じることなどが義務付けられている。

一言でライセンスと言っても発行する国によってはそれぞれ審査基準が異なります。極端な話ですが、申請するだけで許可が降りる国のライセンスまであります。そのようなライセンスは論外ですが、世界的に信頼性が認められているライセンスでもそれぞれ特徴があるので、どのようなライセンスを取得しているかを確認して、安全性を確認した上でプレイすることが大切です。高い信頼性が認められているライセンスをいくつか紹介します。

ライセンス 概要
MGAMGA(Malta Gaming Authority)は、地中海に浮かぶ小さな島国のマルタ共和国が、2001年より発行しているカジノライセンスです。有望な国内産業が少なくiGaming産業に力を入れています。ライセンス発行には厳しい基準を設けており、業界から高い信頼を得ています。多くのオンカジ運営関連企業も国内に事務所を構えて運営しています。
AGCCAGCC(Alderney Gambling Control Commission)は、イギリス海峡にある小さな島国である、オルダニーで運営されている政府とは別に運営されている独自のギャンブル取り締まり機関です。運営会社の経営状態、財務状況、規制の順守、公平性などを厳しく審査し、ライセンスを発行しており、信頼性も非常に高い水準にあります。
GIBRALTARジブラルタルはスペインのイベリア半島に位置し、防衛関係以外は独立政府のイギリス領です。1998年からカジノライセンスを発行しており、世界中のオンラインカジノで最も人気のあるライセンスの一つとなっています。他の産業が小規模であるため、オンラインカジノには力を入れ、GDPの15%を占めます。マネーロンダリング等防止する為、資金の動きを厳しく監視しています。

ラスベガスやマカオのランドカジノでプレイできるカジノゲームのほぼ全ては、ネットカジノでもプレイできます。テーブルゲームはオンラインの場合ビデオゲームまたはライブカジノを選べますが、ライブカジノのテーブルゲームは日本人ディーラーがいて、日本語でチャットができることもあります。オンカジで最も人気の高いのはスロットですが、近年、最新のグラフィックやアニメーションの技術を駆使したビデオスロットの人気が高まっています。日本人プレイヤーに人気の高いゲームを選んで、簡単なルール、還元率(RTP)などを含め、それぞれについて紹介致します。

ルーレット

カジノゲームの定番でルールも簡単です。ランドカジノで人気のアメリカン、ヨーロピアン、フレンチスタイルに加えて、配当が最大500倍のメガルーレット、2つのボールでプレイして配当の確率が2倍になるダブルホールルーレット、ストレートアップの配当がランダムに変わり、10倍から500倍になるゴールデンチップルーレット、ランダムに選ばれたラッキーナンバーの配当が50〜500倍になるライトニングラウンド、12個のボールを別々のルーレットで転がし最初に入ったボールで競うインスタントルーレットなどオンラインカジノならではの新しいルーレットが次々と誕生しています。 賭け方としてはインサイドベット、アウトサイドベット、ダズンベット、コラムベット、などがあり、少しプレイすると初心者でも直ぐに慣れます。還元率は96〜97%なので、勝てる確率は高いゲームと言えます。

ブラックジャック

ランドカジノに行けばテーブルが沢山並んでいますが、その内の多くがブラックジャックテーブルであることからも人気の高さがわかります。絵札または10とエースの組み合わせが最強のブラックジャック、カードの合計が21を超えないように21に近づけてディーラーと競うゲームです。ブラックジャックのRTPは99%以上と非常に高いことで知られています。しかし長時間安定してプレイできる可能性は高いのですが、大きく勝利を掴むには、チャンスが来たらスプレットやダブルダウンなどで勝負すると良いと思います。 サイドベットが豊富で最大251倍の配当のインフニットブラックジャック、ランダムに選ばれた5枚のカードで勝利すると高配当になるクォンタムブラックジャック、スタンドやダブルなどを参加ユーザーの多数決で決めるマジョリティーディールズスピードブラックジャックなど、オンラインライブカジノならではのユニークなゲームも多数登場しています。

ポーカー

ワンペア、ツーペア、スリーカード、フォーカード、ストレート、フラッシュ、フルハウス、ストレートフラッシュ、ロイヤルストレートフラッシュ、など、誰でも一度は聞いたことあると思いますが、もはや詳しい説明は不要のカードゲームです。ポーカーフェイスという言葉もありますが、運だけでなく相手との駆け引きが勝敗を握ります。還元率は97.8〜99.4%なので、負け難いゲームと言えます。 手持ちのカードを見せず不要なカードを交換するクローズドポーカー、テーブル毎に交換できる回数が決まっているファイブカードドローポーカー、2が一番強くAが一番弱い2-7シングルドローポーカー、ハンドの一部が相手に見えて予想しやすいオープンポーカー、ディーラーと1体1でプレイするカリビアンスタットポーカーなど色んな種類のポーカーがあります。オンラインライブカジノのポーカーの特徴としては4つの画面で同時にプレイでき、4倍の効率でハンド数をこなすこともできます。

バカラ

バカラは特にアジア人のハイローラーに大人気のカジノゲームです。「バンカー」か「プレイヤー」か勝利すると思う方にベットするシンプルなルールのゲームです。還元率は98〜99%と高く、勝利の期待が膨らみます。リアルタイムでプレイできるライブバカラは過去の結果が表示されるのでベットの参考材料に使えます。コンピューターバカラもありますが、こちらは過去の結果情報は表示されません。 カードの1〜9はそのまま数え、10, J,Q,K、は0と数え、カードの合計数の下一桁が9に近い方が勝利です。「プレイヤーペア」「バンカーペア」「タイ」「プレイヤー」「バンカー」の何れかを予想してベットしますが、オンラインでは、「プレイヤー」と「タイ」のように複数にベットすることも可能です。ただし「タイ」は確率が低いので気の向いた時に少額を賭けると良いでしょう。

スロット

スロットに使えるボーナスが多数オファーされ、通常賭け条件の消化率が100%であることからも、スロットがで最も人気のゲームと言えます。数多くのプロバイダーが頻繁に新作をリリースする為、種類も多く還元率も93%〜99%と幅も広く、ボラティリティーも低いものから高いものまであります。なので、ローリスクローリターンで安定したプレイから、一発勝負でハイリスクハイリターンまで好みに合わせて機種を選ぶことができます。 オンラインスロットは、昔ながらの「フルーツ」「バー」「7」絵柄のクラッシックスロットもありますが、最新技術を駆使したグラフィックやアニメーションでワクワクする演出で楽しませてくれるビデオスロットが人気です。配当が成立するとシンボルが消滅し新たに上からシンボルが落ちてくるカスケードスロット、いわゆる落ちゲーも増えています。スキャッターシンボルを揃えてフリースピンを発動させ大勝利を狙う機種が一般的です。

Stakersで日本人プレイヤーに大人気の日本のオンラインカジノのスロットゲームを紹介します。

  1. 1

    ムーン・プリンセス (Moon Princess)

    2018年にリリースされて以来、高い人気を誇っているPlay’n Goの代表作です。キャラクターは3人の日本人プリンセスでそれぞれが特殊なパワーで大勝利へと導いてくれます。通常のペイラインが無いカスケードスロットで、ボラティリティーが高く爆発力があります。

  2. 2

    ゴールド・ボルケーノ (Gold Volcane)

    火山の噴火がテーマのゴールド・ボルケーノのグリッドはユニークで左から3-4-5-6-6-5-4-3という山の形です。ペイラインはクラスター型ですが、シンボルは通常とは逆で下から上に登って来ます。ボラティリティーが高く最大勝利は10,000xで大勝利が期待できます。

  3. 3

    ヤミ・ウォーリアーズ (Yami Warriors)

    Microgamingが2022年にリリースし、テーマはデスノートで、死神と闇の戦士の戦いのアニメタッチのスロットです。フリースピンではマルチプライヤーで配当率が上がり大勝利の期待が膨らみます。最大勝利12,000xです。

  4. 4

    ブック・オブ・デッド (Book Of Dead)

    2016年にリリースされ、今なお大人気のスロットです。テーマは古代エジプトで、還元率は94.25%と平均を下回りますが、ボラティリティーは高く高配当が期待できます。特に大勝利の確率が高いフリースピンと配当率が上がるギャンブル機能は魅力です。

  5. 5

    シュガー・ラッシュ (Sugar Rush)

    Pragmatic Playが2022年にリリースしたスイーツがテーマのカスケード型スロットです。通常スピンで連勝したりフリースピンが発動するとマルチプライヤー機能で配当率が上がります。見た目とは裏腹に高ボラビリティーで爆発力があります。

  6. 6

    ビッグ・バス・スプラッシュ (Big Bass Splash)

    2022年にPragmatic Playがリリースされ、釣りをテーマにした5×3グリッド10ペイラインのスロットです。フリースピン中に特別シンボルを集めると追加スピンやマルチプライヤーで配当率が上がります。フリースピンを購入することもできます。

  7. 7

    スィート・ボナンザ (Sweet Bonanza)

    2019年のリリース以来、Pragmatic Playの大ヒット作として知られているカスケード式スロットです。キャンディー絵柄のスキャッターが4つ以上揃うとフリースピンが発動しますが、その間にマルチプライヤー機能で配当が最大100倍になるチャンスがあります。

  8. 8

    トーム・オブ・マッドネス (Tome of Madness)

    Play’n Goが2019年にリリースした5×5のカスケード式ビデオスロットです。通常スピンではポータルをトリガーするスペシャルワイルド、配当率を倍にするマルチプライーワイルド、ボーナスステージではメガワイルドが大勝利へと導いてくれます。

ネットカジノでは、本人認証(KYC)で素性をあかし、大切なお金を使って遊ぶ訳ですから、カジノ選びは慎重に行うべきです。日本のギャンブルのマーケット規模は世界2位で、そこに目をつけた海外のオンカジ運営会社も多数参入しています。よって優良業者も多数存在する代わりに、レベルの低い業者も多数存在するのが現実です。

しかし、最高のカジノを作るのは安全性だけではありません。ベストランクのプラットフォームには、お気に入りのゲーム、楽しいプロモーション、お得なボーナス条件、多数の支払い方法、24時間365日のサポートが必ず含まれています。

そこでStakersでは、専門スタッフが実際にネットカジノを利用して、独自の調査基準でネットカジノを評価をしています。その中でも特に重要視しているのは、ライセンス、ゲームセレクション、ボーナス、カスタマーサポート、口コミ、決済方法、ですが、下記の通り一つ一つについて簡単に説明致します。プレイを始める前に、次のステップに沿って確認することをお勧めします。

1. カジノライセンス

カジノライセンスの確認は何よりも大切な作業です。ライセンスを発行する国は多数ありますが、その中でも信頼性の高いライセンスを発行する機関は、社会的信用、資金力、安全対策など数々の厳しい審査を課しているため、それらのライセンスを取得していることで安全性が証明されています。

2. ゲームセレクション

スロット、テーブルゲーム、ライブカジノ、それぞれのゲーム数が多ければ多いほどお気に入りのゲームが見つかり易くなります。しかしゲーム数だけでなく大手を含む優れたプロバイダーのゲームの取り扱いもオンカジノの高評価に繋がります。

3. ボーナス

ほぼ全てのオンラインカジノは、入金不要、初回入金、リロード、キャッシュバックなどボーナスをオファーして新規プレイヤーの呼び込みや顧客の引き止めに活用しています。金額やFSの回数のみならず、最大出金額や引き出し条件など明細をしっかりと理解しておくことが大切です。

4. カスタマーサポート

多くのオンカジはライブチャットでカスタマーサポートの対応をしています。その中には英語のみで対応、日本語は翻訳ソフトで対応、というカジノもありますが、安心なのは日本人が日本語で対応していることです。時間帯も平日のみや午後〜夜だけとかもありますが、年中無休24時間対応が理想です。

5. 口コミ

SNS等ネット上には、ネットカジノユーザーからの良い口コミも悪い口コミも多数見つかります。忖度無しの正直な意見はとても参考になります。日本進出して間もないカジノの場合、Stakersでは海外のカジノ専門口コミサイトから情報を収集して皆様にお伝えしているので是非参考にして下さい。

6. 決済方法

取り扱いクレジットカード、電子ウォレット、仮想通貨、銀行送金など様々な決済手段がありますが、クレカで出金もできるのか、ペイズの様な日本で人気の電子決済は使えるかなど手段について確認した後は、手数料の有無、着金スピードなども大切な確認事項です。

日本国内のオンラインカジノ市場は近年、競争がますます激しくなりつつある中、大手カジノ運営会社は、新規顧客を引きつけると同時に、既存顧客からの評判も維持するため、かつ競合他社に遅れをとらないためにいろんな手段を用いていますが、そのうちの一つとして、特典やキャンペーンといったオンカジプロモーション戦略が挙げられます。オンラインカジノの魅力は、もはやゲームそのものだけではありません。すでにプレイしたことがある方ならご存知かと思いますが、新規登録者向けのウェルカムオファーから、登録後定期的にもらえるデイリーオファー、VIPプログラム、ヘビーユーザー向けの特典まで、カジノ特典のバリエーションはとても幅広く、あらゆるプレイヤーのさまざまなニーズを満たすようになっているのです。こうした特典でもらえる内容としては、入金マッチオファー、フリースピン、キャッシュバック、入金不要オファーなどがあり、いずれも実際のゲームプレイに大いに活用することが可能です。また、これはモチベーションが上がるだけでなく、もっと長くプレイを続けたり、勝率を高めたりすることにもつながります。カジノオペレーター各社は、ユーザーに世界トップレベルのプロモーションを提供しようと、互いにしのぎを削っているからこそ、オンラインカジノ市場の競争は刻々と激化しているのです。ここStakersでは、少しでも興味のある読者の皆さんに向けて、日本のオンラインカジノの特典とは一体どんな仕組みなのか、よりお得なプロモーションを見分ける方法、さらにはプロモーションを活用することで勝利金を最大限に増やすコツなどを徹底解説していきます。

Stakersの専門家チームは、新しい技術の進化とユーザーの好みがどのようにしてオンラインカジノ業界を斬新で魅力的なものにしているかについて常に研究しています。特に重要な事実は、日本のカジノ運営者はプレイヤーが移動中でも快適にゲームができるように、従来のデスクトップPCのようなプラットフォームから、スマートフォンのようなモバイル機器への移行をとても意識しているということです。他ユーザーとコミュニケーションができ、実際のカジノのような雰囲気を体現できるライブカジノの人気も根強く、今までにはない社交場としての体験を享受できるようになりました。さらに、暗号通貨、ソーシャルプレイス、スマートウォッチデバイス、仮想現実(VR)および拡張現実(AR)技術などの新しいトレンドも、Stakersのスペシャリストが継続的に調査している分野です。日本のオンラインカジノ市場において、読者の皆様に情報を提供し、有利なポジションを確保するために、これらの最近の傾向を包括的な最新トレンドガイドにまとめました。

利用するオンカジが決定すれば、いよいよ準備を整えてプレイ開始です。そのプロセスを簡単に説明します。

1. 登録の手順

ホーム画面の「登録」や「サインイン」等のボタンをクリック(タップ)して、画面の指示に沿って、氏名、住所、電話番号、eメールアドレス、パスワード、使用通貨等を入力します。(通常ローマ字入力)決済で使う電子ウォレットや仮想通貨取引所に登録した情報と同じものを入力してください。登録ボーナスのコードがある場合は忘れずに入力してください。

2. 入金の手順

登録が完了すると、次は「入金」ボタンを押して画面の指示に沿って入金手続きを行います。クレジットカード、電子ウォレット、仮想通貨など利用する支払方法を選択します。そしてカード番号や口座情報を入力しますが、仮想通貨の場合はQRコードが使えるので簡単です。これで入金の準備完了なので、お好きな金額を入金してください。その際、最低入金金額や初回入金ボーナスの規約の確認をすることもお勧めします。

3. 出金の手順

勝利した場合等に出金手続きを行いますが、その前に「本人確認(KYC)」を済ませる必要があります。(一部、仮想通貨カジノの場合は免除される場合もあります)通常、身分証明証(免許証、パスポート、又はマイナカード)、身分証明証を持った本人写真、そして住所を証明する公共料金の請求書コピー又は住民票などが必要です。手続きに時間を要する場合もあるので申請はお早めにお願いします。 本人確認終了済みなら出金手続きができますが、トラブルの原因で多いのが、入金の際に使用した決済アカウントの情報の誤入力なので登録の際に注意してください。その他の注意事項としては、ボーナスの賭け条件クリアの確認、最大/最小出金額の確認などです。

皆さんが利用している日本のオンラインカジノサイトは、自社でカジノゲームを開発しているのではなく、ゲームプロバイダーと呼ばれる、カジノゲームの開発を専門に行っているソフトウェアー会社に使用料を支払って、スロットやテーブルゲームなどを提供しています。よってプレイヤーの損出金から得た利益はゲームプロバイダーには入らない仕組みです。

一般のテレビゲームでも会社によってそれぞれの特徴があるのと同じで、カジノゲームのプロバイダーも会社によってそれぞれに特徴があります。例えばグラフィックやアニメーションに定評のある会社、ボーナスを劇的に盛り上げる演出に定評のある会社、シンプルでもプレイヤーの心を掴む方法を知っている会社、カスケードスロット(落ちゲー)が得意な会社など様々です。各プロバイダーは最新技術やアイデアを屈指して、日本人プレイヤーに楽しんでもらえるように日々努力を積み重ねています。

誰でも一度は社名を耳にしたことある大手プロバイダーは、次々と新作をリリースして、大ヒット作を生み出す場合もありますし、小規模でも、例えば日本のアニメをテーマにするようなレアゲームを開発して大ヒット作が生まれるケースもあります。

ゲームプロバイダーはオンカジ業界にとって大変重要な役割を担っています。そこで、Stakersでは、優良カジノプロバイダーを次の通り紹介いたします。

日本のオンラインカジノサイトはシンプルなカジノゲームをパソコンでプレイすることから始まりました。その後、iPhone3が2007年に発売されますが、当時は3Gの通信環境で、誰もがスマートフォンで複雑なカジノゲームがプレイできる様になるとは想像すらできませんでした。しかし2015年になると4G通信が始まり(iPhone6の時代)モバイルサポートに革命的変化が起こりました。

現在はモバイルの高速通信がすっかり定着し、オンカジが提供する全てのカジノゲームをストレスフリーでプレイできることが当たり前になりました。場所を選ばず何処でもモバイルで好きな時にオンラインカジノがプレイできる様になると、一気に利用者が増えます。よってゲームプロバイダーはスマホでプレイすることを前提にゲーム開発を行い、カジノサイトもパソコンと変わりなくサクサクとプレイできるインターフェースを開発する様になりました。最近では専用アプリを開発するオンカジも増えてきました。

そこで、Stakersではモバイルで使いやすいお勧めオンラインカジノを紹介致します。

日本の皆さんのネットカジノのご利用にあたって、不明点は沢山あると思われます。ゲームに関する疑問点、ボーナスに関する疑問点、支払に対する疑問点などは、利用しているカジノサイトのカスタマーサポートに質問すれば回答してくれます。 オンラインカジノを試してみたい方は、ウェブサイトそのものに関する質問の他に、日本に住みながらゲームをプレイしても安全かどうかといった点も知りたいと思うかもしりません。そこでStakersでは日本の皆さんの不安を解決する内容に絞ってFAQで説明します。

🤔 オンカジとインカジの違いを教えてください

オンカジとインカジの違いを教えてください 当社の専門家は、日本の店舗からオンラインでカジノゲームを提供するオンラインカジノであるインカジではなく、オンカジを選択することをお勧めします。

オンカジは、犯罪歴、安全対策、財政力など、数々の厳しいチェックを受けて、合法的に運営されています。また、不正や不公平を防ぐためにRNG(ランダム・ナンバー・ジェネレーター)の使用が義務付けられていて、第三者機関による定期的な監査も受けています。これらのオペレーターは、プレーヤーが便利なデジタル環境で安全かつエキサイティングな経験を得るように、すべてのことをチェックしています。

⚖️ オンラインカジノは合法ですか?

オンカジサイトは、信頼が高いライセンスを取得して、法律によって操作させたオンラインカジノです。日本は評判の良い代理店のテストを通して信頼に値いカジノを厳選します。現在法律によって、プレイヤーたちのゲームする体験は確信させて、よく守った体験です。

現代の規制されたゲームは有名な過半数です。その中ではスロット、ライブディーラーゲーム、テーブルゲーム、オンラインギャンブル。プレイヤーのゲームする体験のため、ゲームの保護はちゃんとアップデートされて、自然にライセンスも支持されます。

🧾 オンラインカジノの税金は発生しますか?

オンラインカジノで年間50万円以上利益が出ると、「一時所得」として課税対象になります。但し、会社員の場合、一時所得が90万円以下の場合は確定申告の必要はなく免除されます。一つ注意すべき点があるのですが、オンカジで負けた日の損失額は経費として認められません。例えば5/1に120万円勝利し、6/1に150万円負けて、累積30万円の赤字なので免除されるのではなく、120万円から特別控除50万円を差し引いた70万円が課税対象になります。

例えば年収1,000万の人が120万円をオンカジで利益を出した場合は次のようになります。

1,000万円(年収)+ 120万円(オンラインカジノ利益) – 50万円(特別控除)=1,070万円

年収900万〜1,800万円:税率33%, 控除額153万6千円

∴1,000,000 x 33% -1,536,000 = ¥1,764,000(納税額)

このようになります

💫 ネットカジノは何歳からできますか?

ネットカジノは、運営会社によって異なり、18歳以上〜21歳以上まで様々です。最も多いのは、18歳以上です。(高校生は除く)オンラインカジノの登録は本人確認(KYC)が非常に厳しく、政府が発行する写真付きの身分証明証(免許証、パスポート、マイナカード)と、身分証明書を手に持って写した顔写真の提出も必要です。また仮想通貨専用カジノの場合、本人確認免除というケースもありますが、仮想通貨取引所のアカウント登録で、本人確認が厳しく行われるので免除されているだけなのでやはりごまかすことはできません。

👑 カジノといえば何処の国 ?

日本でもカジノは合法化されましたが、全世界では128カ国で合法化されています。カジノの起源は1600年代のヨーロッパを中心に上流階級の間で広がり、世界最古のカジノは1638年にイタリアでできました。その後時が流れ1931年には米国ネバダ州で合法化され現在最も有名なカジノの一つであるラスベガスが誕生しました。2006年にはマカオが世界一の収益を稼ぐカジノとなりました。

一方、オンラインカジノはインターネットの普及と共にUK盟国であるカリブ海の小さな国、アンティグア・パーブーダで世界で最初にライセンスが発行されました。現在ではマルタ共和国、ジブラルタル、マン島などのライセンスが有名ですが、現在でもアンティグア・パーブーダのライセンスは高い信用を保っています。近年は、オランダ領のキュラソーのライセンスも取得して運営するオンカジノが増えています。

🧮 オンカジの確定申告はいくらから?

オンジノで得た賞金が50万円を超えると「一時所得」として確定申告が必要になります。但し年末調整を行う会社員は90万円を超えてなければ確定申告は不要です。競馬など他のギャンブルで50万円(または90万円)以上勝利した場合も同じく一時所得と見なされ確定申告が必要ですが、賞金を現金で受け取るため見逃されているケースが多いです。しかしオンカジの場合銀行経由でお金を受け取るので、無申告の場合、税務署の調査が入る可能性があるので必ず申告して下さい。

📌 カジノの無い国は何処ですか?

現在カジノが合法化されていない国は73カ国あります。日本では2016年12月にカジノ法案が成立しました。大阪の夢州で万博の跡地にカジノを建設する計画が2023年4月に正式に認可されました。2029年秋にカジノをオープンさせる計画でしたが、認定時期が遅れたので。2030年秋頃のオープンを目指しています。夢洲が埋立地のため液状化が心配されていたり、参加カジノはMGM1社のみでIRとしてどれだけ盛り上がるか不安もありますが、OECDに加盟する先進国でカジノの無い国は、アイスランド、ノルウェー、イスラエル、トルコの4カ国のみなので、日本はようやくこの少数派先進国から抜け出すことになります。